BLOG

るなのブログ

SMチェアーに…2

24/03/04(月)12:29

SMチェアーに…2
 
「おらおら、何かもらしちゃってるよん」
何かが私の股間から噴出していきます
「あぁん…ああぁぁぁぁん…ダメダメダメダメ」
ピチャピチャ床が濡れる音が響きます
 
自由の利かない手足をバタつかせあられもない声を発する私を彼は片手で操作しながら冷たく口元をほころばせます
「あーあ、こんなにグショグショにしやがって エロイなお前」
 
腕までぐっしょりと濡らした手を私の胸になすり付けて今度はバ○ブを私のアソコに突っ込んできました
「イヤイヤ…やめてっ」
「やめて?もっとイカせてくださいだろ」
容赦なくバ○ブのスイッチを入れます
「お前中ではイキにくいんだろ?開発してやる」
「ぁぁぁあアアアアン…あぁ…お願い…あぁぁ」
 
ありえない振動が私のしとどに濡れたアソコの内襞を激しく震わせます
脳天を貫くような激感が全身を襲う
「また…また…あぁぁぁ…イッチャウっ」
足先が反り返り全身がプルプル震えます
 
それを見計らうかのように彼がバ○ブをピストンさせ始めました
 
「ヒンっ…イヤァァァァァァァン」
 
あっと言う間に次のオルガが私を襲い鎖が伸びきるまで私は身体を縮こめながら痙攣しました
 
「なぁんだ!すぐイケルじゃん…中でも…」
 
そう言いながら彼はバ○ブを動かす手をやめようとせずバ○ブのモードを振動からグラインドに切り替えます
そうしてゆっくりそれを抜き差しするのです
 
真っ白に硬直した身体にまた何か燻るような感覚が戻ってきます
 
「あっ…あっ…あ…あぁぁぁん」
腰を熱く疼かせるようなまたその感覚に着いていこうと身体が勝手にうねり始めます
「あぁん…あぁん…また…また…お願い許して」
「ダメだよ…イキっ放しにしてやるよ!ほら」
 
そうしてまた激しくそのバ○ブでピストンを始めるのです
気が狂いそうな快感にもがいて悶えて狂います
 
「イッチャウ…イッチャウ…もう…アアアアン」
 
背を反らせながら手足がうっ血する位に痙攣して 私はまたイカされました
 
けれども彼はバ○ブを再び振動モードに切り替え
パワーを最強にすると中の一番敏感な部分に抉るように押し当てます
 
「ヒィィィン…アアアアん…やめてぇぇぇぇ」
 
痙攣しっ放しの身体が内側から波打つように全身震えてきます
 
もはや気持ちイイのか苦しいのか痛いのか逃れたいのか解らない
襲い掛かる波に飲み込まれてはまた現実に引き戻されまた波に
 
私の声のトーンは変わっていました
 
獣の遠吠えのような低いうめき声が響きます
 
鎖だけがジャラジャラ激しく揺れ私は目を白黒させ涎を垂らしながら意識を朦朧とさせられていました 
 
気がつくと 私をそのチェアーに括り付けたまま
彼がギンギンに勃起させたペ○スをもう感覚がないのではないかと思うくらいに 痺れきったアソコに捻じ込んできていました
 
「たまんねぇなきごお前の悶え方は今度は俺のでイカせてやるよ」
今度は熱い熱い彼の肉の塊が私を蹂躙します
 
「アァ・・・お願いもぉ・・・」
 
私が言い終わらないうちに彼が覆いかぶさってきて乳首を噛まれました
 
「ヒィィィん…許して…許してください…ぁぁ」
 
肩が外れるかと思うくらいにもがきながら私は泣き叫んでいました
 
アソコはもう蕩けるように熱く突き込まれもう片方の乳首は彼の指先で強く捩られてその形を変えています
 
彼が噛んでいた乳首をペロペロ舐めてはまた歯を立てます
 
「ごめんなさい…ごめんなさい…痛いっあぁぁ…またイッチャウ」
 
腰を波打たせ唯一動く首をガクガクと振り回して
私はもう何度も迎えた天国へと押しやられました
 
半ば放心状態の私をそのまま放置し彼はその私の淫靡な姿を眺めながらビールを開けていました
 
ゾクゾクするような彼の眼光が私を舐め回すように見ていました
 
あぁ…お願い…手足をほどいてください
また…あふれてくる
 
♡終わり♡
るなもふかして♡
♡るな♡